スポンサー

油絵|初心者のための油絵講座TOP > 人物画の描き方 > 人物画の構図を決める

人物画の構図について


人物画を描くときに重要なものの一つとしてやはり構図があげられます。
まず第一は油絵の中にどれだけモデルをいれるのか?ということです。


具体的には顔をメインに肩まで程度の大きさで描くのか、それとも
ウエストから顔までの上半身全体を描くのか、座ってる全身を描くのか?


なぜこれが重要かというと、このモデルをどれくらいの部分描くのかにより、
選ぶキャンバスのサイズをある程度変更したりする必要が出てきます。


例えば全身を横たえた姿を描きたいときに、10号程度では正直描くのは
難しいといえます。バストアップで6号前後、全身なら30号程度は
必要なのではないかと思われます。


また構図同様にポーズも重要です。
風景画でも、川にうねりがある部分がよいなどと、動きがあるほうがより良い
油絵になるとされているのですが、人物でもモデルの動きが曲線的であったり
したほうが良いと思います。


例えば、女性のモデルがそっと右手を顎にあてて、右のほうを向いていると
したら、足元は揃えて左のほうに流しているほうが美しいですよね?


またこうしたモデルをしたから見上げながら描くか、上から描くかで雰囲気も
かわってきますので、モデルさんに無理をさせないようにしながら、
色々試していきましょう。






あなたは自動車保険料を年間3万円も多く払っている!かもしれません。
言われるがままに保険契約していませんか?3万円あれば油絵の画材が買えますよ!

>>>無料!自動車保険最大20社一括見積もり


人物画の描き方記事一覧

人物画の構図を決める

人物画を描くときに重要なものの一つとしてやはり構図があげられます。まず第一は油絵の中にどれだけモデルをいれるのか?ということです。具体的には顔をメインに肩まで程度の...

人物画でも光は重要

油絵で風景画を描くときにも重要とされていましたが人物画でもやはり光は重要なポイントです。光がどこからあたり、どの程度あたっているかで人の印象は変わってくるからで...

人物画デッサンと色塗り

人物画を描く上でいよいよ本番、デッサンと色塗りです。デッサンは油絵で風景を描くときと変わらず、使用するのは木炭や、鉛筆などです。描くのはおおざっぱなアウトライン...

人物画の色塗り

人物画の最後の仕上げ、色塗りについてです。まず、最初は薄くといた絵の具で、下塗りを行います。その際太い筆をつかい、ざっくりと塗っていきます。このときに明...