スポンサー

油絵|初心者のための油絵講座TOP > 風景画の描き方 > 風景画-用意するもの

風景画-用意するものについて


風景画を描きに外に行く時に用意するものは意外にたくさんとあります。
まずは当然油絵を描くための道具一式です。筆、絵の具、油、バレット、
キャンバス、イーゼルなど。


野外で描く際は野外用の脚が折りたためるイーゼルが良いでしょう。
キャンバスは6〜10号程度のものが大きさとしてはおすすめです。


さらに、意外に重要なのが身の回りの品だったりします。直射日光を浴びて
しまうような場所、季節の場合は帽子などで日光の対策をしたり、また、
長時間の日焼けもあまりよくありませんので、日焼け止めクリームなど、
紫外線対策も重要となってきます。


ついでに、虫除けもお忘れなく。逆に冬の場合は、上着を多めにもっていたり、
またカイロなど防寒対策を怠らないようにしましょう。


せっかく、絵の道具は忘れずに持っていっても、身の回りの品を怠り、
結局長居できなかった、ではもったいないですからね。





あなたは自動車保険料を年間3万円も多く払っている!かもしれません。
言われるがままに保険契約していませんか?3万円あれば油絵の画材が買えますよ!

>>>無料!自動車保険最大20社一括見積もり


風景画の描き方記事一覧

風景画-用意するもの

風景画を描きに外に行く時に用意するものは意外にたくさんとあります。まずは当然油絵を描くための道具一式です。筆、絵の具、油、バレット、キャンバス、イーゼルなど。野...

風景画の場所の決め方

風景画を描く時に重要なポイントの一つが場所決めではないでしょうか?ではそんな場所はどうやって決めるのでしょう。まず、一番良いのはすでに描きたい場所がきまっている場合...

風景画の構図とデッサン

油絵で風景画を描く場合、まず場所をきめます。そしてその場所のなかで一番あなたが描きたい!と思える部分をみつけましょう。そして、その場所をキャンバスに写し取るような、切り取る...