スポンサー

油絵|初心者のための油絵講座TOP > 油絵の画材道具 > パレット

パレットについて

パレットとは



油絵の用具で、絵の具をだすプレートのようなものです。

種類として一枚でできているもの(見た目的にまな板のような)と
折り畳みできるタイプのものがあります。

折り畳みできるバレットは子供の頃などに、図工の時間で使った覚えがある
のではないでしょうか?材質はプラスチックのものでしたが。


折り畳みタイプは収納がしやすく、結果持ち運びにも非常に便利なのですが、
途中に継ぎ目があることから絵の具を混ぜたりするのには若干不便といえます。
逆の観点から一枚タイプのバレットは、絵の具を混ぜるのにはとても適して
いますが、収納や、持ち運びには不便となります。


一概にどちらが良いとはいえませんので、油絵に慣れてきたら両方用意しても
いいかもしれませんね。ちなみにペーパーバレットという紙製のものもあります。
紙製だと一枚ずつ捨てる事ができ、持ち運びも出来るという点から外で油絵を
描くときなどに便利ですが、若干固さなど安定感にかけますので、
置く事ができる台があると良いでしょう。





あなたは自動車保険料を年間3万円も多く払っている!かもしれません。
言われるがままに保険契約していませんか?3万円あれば油絵の画材が買えますよ!

>>>無料!自動車保険最大20社一括見積もり


油絵の画材道具記事一覧

絵の具

油絵に使う絵の具はさまざまなものがあります。国内のメーカーのものから、海外メーカーのもの。そして、値段もさまざまです。油絵をはじめたばかりの入門者の方は、最初の...

やはり油絵を描くにあたって、絶対にかかせないものが筆ですよね。筆には固い毛の筆と、柔らかい毛の筆の二種類がありますが、使い道が少し違ってきます。固い筆は...

溶き油・油壷

溶き油とは、絵の具を塗るために、塗りやすい硬さに調整するために使われます。そしてその溶き油をいれておくためのものが、油壺となります。溶き油には二種類あり、揮発性...

ナイフ

油絵初心者にはなかなか使いにくそうに思える絵の道具がナイフではないでしょうか?ナイフの主な使い道としては、絵の具をあつめに盛り上げるようしたり、ひっかいたりと使いま...

キャンパス

キャンバスとは、油絵を描きこむ為の画材であり油絵用のキャンバスはニカワ、地塗りを行った麻布を木の枠にはめたもののことをいいます。油絵にあまり馴染みがない人、または入...

パレット

パレットとは油絵の用具で、絵の具をだすプレートのようなものです。種類として一枚でできているもの(見た目的にまな板のような)と折り畳みできるタイプのものがあります...

イーゼル

イーゼルとは、油絵を描く際にキャンバスを載せる為の台座のことを指します。基本的にイーゼルは絶対に必要な道具というわけではありませんが、やはりある程度角度があるほうが油絵は描...

その他の道具

その他、油絵を描くとき、または後始末、準備の時に使いたい画材、あると便利なものを紹介していきましょう。まずは木炭もしくは鉛筆になります。下書きの際などに使ったり、 ...

油絵セットがオススメ

色々と油絵を描く際に必要な道具を説明してきましたが実際に画材屋さんにいって一つ一つ買うのは意外に大変です。選んでいくのは楽しいとはおもいますが、全部買っていくと最終...